WebGLの有効化手順

提供: nmny Docs
移動: 案内検索

各ブラウザで WebGL を有効化するための設定は以下の通りです。 なお、WebGL はグラフィックスドライバと密接に関わりますので、 古いビデオカードで有効にするとシステムが停止する恐れがあります。 Windows や MacOS X では比較的安定して動作しますが、Linux などでのサポートはいまのところ微妙な部分がありますので、 十分注意してください (起動さえすれば、 途中で不安定になったりすることはないと思います)。

Mozilla Firefox

Firefox で WebGL が有効でない場合、 以下の手順で有効にすることができます。

  • アドレスバーに "about:config" を入力し、設定画面を開きます。
  • 設定名の検索キーワードとして "webgl" を入力します。
  • webgl.force-enabled を "true" に変更します。

Firefox.png

Google Chrome

Google Chrome で WebGL を有効にするには以下のようにします。

  • アドレスバーに "about:flags" を入力し、設定画面を開きます。
  • 検索コマンド (Ctrl+F あるいは Command+F) で "WebGL" あるいは "WebGL を無効にする" を探し、それぞれ "有効にする" あるいは "無効にする" をクリックします (クリックすると有効/無効が切り替わります)。

Chrome.png

Safari

Safari では WebGL の有効化は開発者メニューに含まれています。

  • 環境設定 (Command+",") の「詳細」タブを開く
  • 「メニューバーに"開発"メニューを表示」にチェックを入れる
  • メニューバーの「開発」から「WebGLを有効にする」を選択

Safari1.png

Safari2.png

Opera

Opera では同様に、以下のようにします。ただし、nmny はなぜだか表示される色がおかしくなるようです...

  • アドレスバーに "about:config" を入力し、設定画面を開きます。
  • 設定名の検索キーワードとして "webgl" を入力します。
  • Enable WebGL を "1" に変更します。
  • "保存" をクリックします。

Opera.png