メインページ

提供: nmny Docs
移動: 案内検索


nmny とは

nmny (んむにー) は、GMV の後継版で、Web ブラウザ上で動作する比較ゲノムブラウザです。主にMurasakiによる比較ゲノム解析の結果を可視化することを目的に作られており、アライメント結果とアノテーション情報を重ねて表示したりすることができます。GMV はGTK+をベースにしたデスクトップアプリケーションですが、nmny では web サービスでの使用を考えて、ブラウザ上で HTML5 + WebGL による描画を行います (詳しい能書きはnmnyの特徴をご覧ください。)

nmny の動作には WebGL に対応したブラウザが必要です。各ブラウザで WebGL を有効化するための設定はWebGLの有効化手順をお読みください。

nmny の最新版は http://mux.eee.u-ryukyu.ac.jp/nmny/trial で公開されています。

nmny Documents

nmny の重要なアップデート

  • Jul.14, 2014
    • キーボードショートカット
    • アノテーショントラックに表示する GFF の属性を選択可能に (従来は ID 属性のみ)
  • Jun.20, 2014
    • 6種類以上の配列を含むデータを取り扱い可能に
  • May.07, 2014
    • データソースのフォルダの取り扱いを改善 (データ公開のための改良)
    • tmurasakix のデータ取り扱いのためのいろいろ